秋はワンピースを着るのに適した気候だから好き、こんにちは!

 

俵万智さんの「愛する源氏物語」という本を読みました。「源氏物語」に載っている紫式部が作った和歌を、俵万智さんが現代語の和歌に作り直しているんだけれど これがとーっても面白い!

それぞれ解説も加えて、色んな小説家さんたちの意見も載っているのでわかりやすい。

登場人物のイメージによって和歌を作り分ける紫式部の技術と、それを丁寧に読み取って解説してくれる万智さんの技術が一緒になっているのですごく読みやすかった。

 

もともと「トリアングル」という万智さんの小説が好きだったのでこの本を知ったのだけど もっとたくさんの本に触れたいと思いました。

 

ただわたしは好きな文体しか興味を持って読み進められないし つまらないと思ったものは最初の数頁で読むのを諦める人だから気に入った小説家の本しか読めない、読書家にはなれない(*`・ω・´)

 

おなかすいたなー

おわり!